HOME Face book Twitter
大神和馬です。

大神和馬

Author:大神和馬
挙式プロデュース・司会・舞台俳優をしている大神和馬です。
あげは美樹のスケジュールマネージメントもしつつ、充実した毎日を過ごしているおっさん兄ちゃんでございます。
1年という時間スパンの中で、与えられた業務、与えられた任務、与えられた使命、ひとつずつ噛みしめていきたいと思っています。
大好物は冷奴、漫画、芝居、そして妄想。
まじめに不真面目極めます!

最新の日記とみんなの言葉
最新日記とコメントはこちらです
みんなのあしあと
今日も来てくれてありがと

大神和馬ブログ「中途半端を極めます」

まじめに不真面目、賢くおバカ、そんな僕の日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話はロマン

僕は、歴史好き。

で、ジャンルは違うんですが神話も大好き

ギリシャ神話・北欧神話・日本神話などなど・・・

中でも、好きなのがギリシャ神話。

創世記の話は血なまぐさい闘いの歴史なのだが、その後のオリンポス12神の時代では とにかく神々が節操がない

人間なんぞ、及ばないくらいに道徳観念ゼロ。

大体にして主神である大空の神ゼウスからして浮気者の恐妻家

人間の女を気に入っては牛に化けて会いに行ってその女といたしたり。

で、その妻ヘラに関しては嫉妬深く(これはゼウスに大きな原因があると思うが・・)あの手この手でゼウスの気に入った女に嫌がらせをしたりする。

海神ポセイドン・冥府の神ハデス・太陽神アポロン・月の女神アルテミス・戦の神アテナなどなど様々な神、時には英雄と呼ばれる人間や人間と神のハーフ(有名なところではヘラクレス)なんかが登場し織りなす神話。

いったいどこからこの信仰が生まれ、様々な逸話が生まれたのか?

世界の各地にある土着の神話に登場する超常的な力を持つ神々、一体それは何がモデルだったのか?

人間には太刀打ちできない大自然を擬人化して表したものだったのか?

当時の王族にそんな人物がいたのか?

うーーん、ロマンですねえ・・

今、公開中の映画「パーシージャクソンとオリンポスの神々」は海神ポセイドンと人間のお母さんの間に生まれた神と人間のハーフの男の子が主人公だとか・・・

そそるなあ、設定。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

本日の台詞
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
募集しています
2008年3月から
あげはスタッフとして活動してみたい
熱いSTAFFを募集しています。
裏方、俳優、身体表現者、そのほか、ウエディング現場クルーも同時募集中
お問い合わせ、詳細質問、ご応募はinfo@a-synergy.jpまでメールください。
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。