HOME Face book Twitter
大神和馬です。

大神和馬

Author:大神和馬
挙式プロデュース・司会・舞台俳優をしている大神和馬です。
あげは美樹のスケジュールマネージメントもしつつ、充実した毎日を過ごしているおっさん兄ちゃんでございます。
1年という時間スパンの中で、与えられた業務、与えられた任務、与えられた使命、ひとつずつ噛みしめていきたいと思っています。
大好物は冷奴、漫画、芝居、そして妄想。
まじめに不真面目極めます!

最新の日記とみんなの言葉
最新日記とコメントはこちらです
みんなのあしあと
今日も来てくれてありがと

大神和馬ブログ「中途半端を極めます」

まじめに不真面目、賢くおバカ、そんな僕の日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらきなおり

最近LIVEの芝居部分の台本を書く機会を与えられているのだが・・

脚本を書くとき、いつもつまづく部分がある

それは「テーマ」

その脚本で何が伝えたいのか、どういうことを表現したいのかが自分自身では浮かばない

浮かんでくるのは設定、登場人物、セリフ、シーン・・

その根幹をなすべきテーマが無い

それって要するに自分の人生のテーマが無いって事なんだよな。

だから、語るべきテーマのシーンのセリフが陳腐でどこかで聞いたようなセリフになる。

色々考えるが説得力のあるセリフも浮かばない。


でも、無いものはいくら考えても無いんだよな、と。

半ばひらきなおりなのだが、今のところ人生をかけて人に伝えたいテーマなどないのだ。

もしくは持てない。

だったら、「テーマが無い・もしくは持てない」ことが自分の今のテーマなのかなと思ったりして。

そんなことをぼんやり考えながら今日もランニング。

このテーマなきテーマについてはまた少し考えてみようと思う。

COMMENT

くまもと>おう、ひさしぶりー。初書き込みありがとさん。
今わかってるのは、表現の方法はいろいろあるけど「結局何が言いたかったのか」っていう根本が無いと、ぼやけた作品になっちゃうってこと。それを無理に作るのも違うなって。課題だわ、これからのね。

初書き込み!

そんなことないと思う~。

ストレートに伝えたいテーマがすべて言葉になるなら、作品中で 人物同士が話す、動くとゆう行為に仮託する必要はないもん。と思う。

発信者が メッセージ喋ってしまえば、そもそもそれで済むし。「戦争やめよう」とか、「省エネしよう」「前向きに生きよう」とか。

関係性を成り立たせるなかで、せりふや シーンを綴って ほりさげてくことしかできないのかなぁ。と、私は思う。

し、この日記みて、私も しっかり考えることをしよう!と思いました。

失礼しました~\(__)

EDIT COMMENT

非公開コメント

本日の台詞
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
募集しています
2008年3月から
あげはスタッフとして活動してみたい
熱いSTAFFを募集しています。
裏方、俳優、身体表現者、そのほか、ウエディング現場クルーも同時募集中
お問い合わせ、詳細質問、ご応募はinfo@a-synergy.jpまでメールください。
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。