HOME Face book Twitter
大神和馬です。

大神和馬

Author:大神和馬
挙式プロデュース・司会・舞台俳優をしている大神和馬です。
あげは美樹のスケジュールマネージメントもしつつ、充実した毎日を過ごしているおっさん兄ちゃんでございます。
1年という時間スパンの中で、与えられた業務、与えられた任務、与えられた使命、ひとつずつ噛みしめていきたいと思っています。
大好物は冷奴、漫画、芝居、そして妄想。
まじめに不真面目極めます!

最新の日記とみんなの言葉
最新日記とコメントはこちらです
みんなのあしあと
今日も来てくれてありがと

大神和馬ブログ「中途半端を極めます」

まじめに不真面目、賢くおバカ、そんな僕の日々徒然
2011年04月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんかーん

昨日は、事務所のもう気づけば小6トラノスケの授業参観にピンチヒッター?として行ってきました。

科目は「算数」

うーーん、俺 文系なんやけど・・って、小学生の算数やったら関係ないか?!

授業内容はズバリ!「面積の求め方」

もう、公式で当てはめて解く段階はこえてるらしく これまでの解き方を元にして応用して問題を解く・・と、まあそんな内容でした。

えー、もうほとんど忘れてましたね

正直25年前のこと覚えてないす。

へーはあーなるほどーあーそうやったっけな~

心の中でつぶやく一時間でした。

解き方にバリエーションがあって、頭柔らかくないと解けない感じ

基本頭かちんこちんの僕にはなんともかんとも・・

こんなの解いてたんカナ?

いやまあ解いてたんやろなあ・・・

数学が敵になったのは、中学の時に関数が出てきてからやから まだこの時点ではぼちぼちわかってた・・・・・はず・・

なんとも新鮮な時間でした

肝心のトラノスケは、参観だからなのかいつもそうなのか・・

そわそわこちょこちょ落ちつきなし

まったく・・・

って、通知表に「落ち着きがありません」と年中書かれていた俺が言うことでもなし。

スポンサーサイト

予定調和考

最近は少し時間があるのでドラマ・映画・漫画etc・・・

色んなものを見て、考える。

色んな話しに色んな結末や展開があり

それについての受け取る側の感情を考える

人は誰しも無心ではなかなか見れない

無意識にしろ意識的にしろ結末・展開を予測する

その予測が裏切られたり、予測通りだったりすることに一喜一憂する。

裏切られたらサプライズ

予想通りだと予定調和

この予定調和

完全に予想通りだと少し物足りない

予定調和+それに上乗せされる何か

それは、展開はその通りでもそれをより感動的にさせる台詞であったり

時には表情であったり

来るのがわかってるのによけられない必殺技・・みたいな展開が理想だ。

役者として台詞を発するときにもかくありたいものだ

何言うかだいたいわかるけど感動する

予定調和+それに上乗せする感情

そんなことを考える今日この頃でした~。

かっこいい男

<皆さんが安心して眠れる場所を得られるまでは、エンターテイメントは無力だと考える。だから、今は別で役に立てると信じることをやる>

こう、自身のホームページに被災者への思いを綴っていた吉川晃司(45)だ。

「吉川さんなりに本気で考えていたようです。その答えは、歌手ならば歌を歌って貢献すればいいということではなかったんです。伝えたい歌は、いまだ避難所暮らしの被災者には届かないということを気にしていました。まず行動しようと決意したのは、吉川さんらしかったですね」(吉川の知人)

彼は4月上旬から、死者5000人以上と大きな被害を受けた宮城・石巻市を訪れて、ボランティア活動に参加していたのだった。
「吉川さんは防塵マスクにゴーグル姿で、ひと目では吉川さんだとわからないほどでした。あるボランティアチームと一緒に行動していましたね」(目撃したボランティアの人)

もちろん、色んな支援の仕方・スタイルはあるし否定はないが・・

だけど、僕は こういう男をかっこいいと思う

さすがだ兄貴!


なぜ、可愛いのか

IMG_0130.jpg
日々、僕を癒し続けてくれるワンコロですが

じゃあ、なんで犬や他の動物はそんなに可愛いと感じるかというと・・

僕は、喋らんからや・・と思うのです。

目で訴えたり

鼻っつら押しつけてきたり

時には吠えたり

膝の上に乗ってきたり

こういうアピールの仕方が可愛いよなと。

もちろんこれは喋られへん生き物がそうするから可愛い

これが、喋り出すと・・

「なあ、もうこのエサ飽きたって」

「もう、眠たいんやからほっといてくれや」

「さわんなや!」

・・などと発言しだしたら半減だ。

喋らないコミュニケーション

これが彼らの可愛さだ!

・・・と、思う。


ほろ苦い思い出

今日、コーナンのペットコーナーで子猫を見た

夢中に毛づくろいしている子猫は愛らしい

子猫には、実はほろ苦い思い出が一つ

20代前半、僕が家を出て一年くらいたった時のこと

演劇をやるにも何から始めていいかわからず、まずは体力づくりだ!ってランニングをしてた

その途中で鳴き声が聞こえる

か細く、切なく、そして切実な・・

鳴き声を探し当てた僕は絶句した

そこには、スーパーのビニール袋

その中には生まれて間もないであろう子猫が二匹

いや・・・正確には、生きてるのは一匹

もう一匹は冷たくなっていました。

怒りと悲しさが二重に心に去来する、どうして・・・

仕方なく、そこにそこらにあった棒切れで穴を掘り冷たくなった方の子猫を埋める

もう一匹も決して無事とは言えず小さく力なく震えている

家に戻った僕は、電話帳で近くの獣医院を調べて向かう

どうしたらいいのか?どう育てればいいのか?何を食べさせればいいのか?

獣医さんに言われたのは悲しい現実

本来なら親猫のもとでいる期間の赤ちゃん猫

まず、生きてはいけないだろう・・と。

ミルクは専用のものをあげないとお腹をこわす・・

色んな現実と展望と対策を聞いた

なけなしの金で小さい哺乳瓶と専用のミルクを買う

小さくか細い命は懸命に生きていた

ミルクを頑張って飲んでくれた

お尻を濡れティッシュで刺激し便を出させる

少しずつ元気になっていた

ほんの少しづつ

でも・・四六時中ずっと面倒をみるわけにはいかず

バイトに行ってる間は家に置き去りだった。


1週間ほどたったある日

か細くつないでいた命は、突然か細く消えた

少しあっけにとられて

少し泣いた


あの小さい命は僕の中に思い出として残っている

もう少し何かできたかもしれない

もしかしたら、救えた命かもしれない

どうにもやりきれないほろ苦い思い出だ。

子猫は愛らしい

でも、どうも 少し切ない・・

台詞の一撃

どハマりしていた韓国ドラマですが

ついに最終回まで見ました

いやあ、良かった♪

終りで不完全燃焼なドラマは星の数ほどありますが、今回の「太陽をのみこめ」は期待を裏切りませんでした。

みんな幸せわーいわーい・・というハッピーエンドでもなく、きっちり余韻を残して終わってくれました。

この余韻が重要よな

きれいさっぱりなハッピーエンドはすっきりするけど、何も残らない

その点、余韻のあるドラマは後に色々考えさせてくれる

そして、最終回のクライマックスとも言えるシーン

たった一言

この一撃で泣かされました。

もちろん、これまでの膨大な伏線あってのこの感動ですが

いやあ、タイミングといいその感情といい実にうまいやり方でありました。

あげは氏も言ってましたが、しばらくはこれを越えるドラマは見つからないかも。

いい肥やしになるドラマでした♪

韓ドラハマりリターンズ

しばらく前からあげは氏に勧められてた韓国ドラマ

「太陽をのみこめ」

少し前から見だしたんですが・・・

ハマりました

どハマりしました

現代劇だったので少し敬遠してたんですが、前にハマった歴史ものの韓国ドラマによく出てた俳優さんたちがめちゃめちゃ出てて違う楽しみもあったりして、一粒で二度おいしいドラマ

何より劇中の俳優さんたちの表情の演技が秀逸

何も話さず、表情だけで伝えるシーンが結構あって

いい感じで感情をこっちに伝えてくれる。

いやこれ僕もオススメです。

さて、最終回まであと2話

この後見ます!

だちょーの卵焼き

はてさて、冷蔵庫の肥やしにするわけにもいかず意を決して調理することにしたダチョウの卵
IMG_0151.jpg
てっぺんの気泡がある部分にしるしを入れてもらってたのでそこを割ろうとしましたが・・
なんせ固い!
卵の横のお好み焼きのこてで何度もガンガンやってやっとこさ穴があきました。
IMG_0150.jpg
中にまだ膜があるらしくそれも穴をあけて、中の具をストロー差し込んで中に空気を入れながら中身を出していきます。
IMG_0152.jpg
で、・・出たのがこれ。
中くらいのボールがほぼ一杯になるくらいの内容量
そして、白身の割合がめちゃめちゃ多い!
IMG_0153.jpg
腕の関節が痛くなるくらい必死にといたらこんな感じ
白身の割合が多いからクリームっぽい色なり

でもって、調理。
殻はできるだけ原形を残しておいたら飾り物に使えるらしく選択肢は卵焼きに。

しかし
調理しにくい
表面はすぐにパリパリになるのにそれ以上なかなか熱が伝わらない。
ひっくり返すのがむずい
まあでも、そこはなんとか頑張ってみてできたのが・・
IMG_0154.jpg
こんな感じ♪
IMG_0155.jpg
中身がふわっとしてて食感は悪くないんだが、なんせ味が淡白
淡白だと聞いてたんで濃い味付けにしたけど、それでもおっつかなかった。
でも、低コレステロールで栄養価は高いらしい。

なんとも、貴重な体験でした。
まさか、ダチョウの卵焼きを作って食う日が来るとは思わなかった。
ごちそうさまでした~

はぴば美樹

本日は、あげは氏の誕生日です。

あげは美樹 はぴば美樹です。

近年、あの風のようなお人は何よりも縛られることと人にサプライズされることが嫌いとの強い自己申告を受け、みんな派手なパーチーは自粛ムードです。

じゃあ、だからと言って何もせんのか?っていうと少し気が引けるというのが正直なところでしょう。

じゃあ、どうすんだよ!ってなわけで色々考えました

結構悩みました。

で、出した結果は物ではなく

なんというか、「不良が電車でお年寄りに席を譲る・・」感じの行為でした。

まあ、ホント言えば普段からもっときっちりやっとけよ!と言われることをことさら誕生日にひっかけて必要以上にやってみたという姑息な臭いの行為であります。

ま、本人は悪い気はしなかったようで良かったナリ

でも、なんか色々悩んで思ったことは

誕生日を祝うって「ああ。こいつ生まれてくれてよかったなあ」・・と、思うことなのかなと。

今年はきっとそれぞれのスタッフや関係者がその想いをかの人に色んな手段で伝えることでしょう。

誕生日おめでとう、また来年 気も体も元気に春を迎えられることを祈って・・・

だちょーん

本日午前未明、事務所に宅急便が届きました。

な~に、事務所に宅急便が届くことなどいつものことです。日常茶飯事ですたい。

送ってきたのは、あげは氏の母

品物は・・・

へ?

へへえ・・・

だちょーの卵?!

だちょー?

しかも、「だちょう」ではなく「だちょー」

まさか?ホントに?

で、開けてみると・・・
IMG_0149.jpg

デカ!

そして、殻 かたっ!!

ちなみに大きさを伝えるために、手前に普通の卵置いてみました。

なんで、「だちょー」の卵が届くんだ・・・

あげは氏一族

不思議な一族である。

なるほどの・・

なんだかんだで今月が終われば、一年の3分の1が終り

はえええ

そういや、今年のおみくじは・・

「今年は我慢の年、一年の終りには光が見えてくるでしょう」

・・的な内容だったような。

なるほど、我慢の年かも

まあ、占いなんて当たるも八卦当たらぬも八卦なんですがね

風に漂う浮き雲のよな今の生活

嵐の前の静けさのような今現在

大きな風が吹いたとき

雲は霧散と消え去るのか

それとも、また流されるのか

流されたとしてもどこに流れるのか

さてさて・・

どうなることやら。

6の感慨

いやあ、恐ろしや

時の経つのは恐ろしや

事務所の坊主トラノスケがもう小6ですよ

初めて会った時は確か小2だったのにもう小6

来年になりゃあ、「もう中学生」「もう思春期」ですよ

いやあ、人一倍近くで見守ったり文句言いあったりしてる身としては感慨深いですなあ・・

むむむ

うちの親もそうやったんかなあ?なんて違う感慨にふけったり・・

早いなあ・・

って、言ってたら自分もアラフォーの扉がもう見えてきてる

恐ろしや~~~

明日はもう・・

IMG_0127.jpg
明日は、どうやら始業式

春休みも終わりみたいですね

今日が入学式の学校もあったみたいで初々しい子供たちもちらほらと・・

入学式か・・・

思い返してみるが記憶が古すぎてまったく出てこない

最後の入学式は大学の入学式やったけど、いっさい思い出せない。

古い記憶が驚くほど劣化が早いや

ぼーーーっと生きてきた証拠なのか?!

いかんなあ、フレッシュな季節に便乗してフレッシュな気持ちで生きよう・・・・と思う。

咲く咲く散歩道

IMG_0123.jpg
あったかくなってくると、普通に犬の散歩してても色んな花が目に飛び込んできます。
IMG_0124.jpg
各家の軒先にも色んな種類の花が咲き誇っとりました。

特に花が好きというわけでもないんですが、春になって咲く花の力強さってのは何かしら自然の力みたいなものを感じますですよ。

しばらくは、散歩にはカメラが手放せないナリ。

春うらら

IMG_0095.jpg
いい天気が続いてますね
IMG_0106.jpg
やっとこさ気温もある程度上がってきて、そこかしこで春の色を目にします
IMG_0096_20110404210331.jpg
一年たってまた花が咲く、再生の象徴のようですだ。
IMG_0121.jpg
こちらのボクは「春眠暁をおぼえず・・」のようですが。

0の感慨

4月1日 とうとうあげは氏のステロイドが0ミリになりました。

最初、電話かかってきた時は日が日だけに「ウソ」か?とも思いましたが

よもや、処方箋に細工はできんでしょう

どうやら本当のようです。

事務所常駐の身の上

身近であげは氏を見てきましたが、決して「良い病人」ではありませんでした。

むしろ「不良病人」この上なしでした。

それでも、0になりました。

医者の言うことを逐一守ったわけではありません

それでも、0になりました。

結果オーライですか・・・

何が良かったのか?まあ、まだ0ミリにしてからどうなるかは経過観察せにゃいかんのでしょうが

不思議ですね

適度に医者を信じて

適度に医者を疑って

おおっぴらに自分を信じて

一生治らないゆえ、「難病」なのに

こいつあホントに治してしまうんじゃないか?なんて思ってしまう。

春から良い知らせです

ひとまず、良かったナリ。

はしご

昨夜はDVDのはしご

しばらくDVDも見てなかったら、気になる作品がたまってたので手始めに2本

まずは、「BECK」

若手人気俳優目白押しって感じの映画、内容はまあ原作漫画のある作品なんで

イメージを壊さず、どれだけ実写化したか?みたいな評価になるのは致し方ないだろう

評価は「どっちかっていうと良かった」って感じかなあ・・

原作でもキーポイントになってた、人々を魅了する声をどうすんだ?って思ってたら

エフェクトかかったみたいな特殊音で表現してて残念やら、まあしゃーねえか、下手な歌入れられるよりってなポイントもあり

まあ、でもラストが「よかったね」って部分で終わるのでそれはすっきりした。

で、2本連ちゃんなんで眠くなったら寝ようと思ってたのに食い入るように最後まで見てしまったのが

「告白」

あれです、松たか子さん主演のやつです。

まあ、ありていに言うとこれ問題作です

PTAのおばちゃんが見たら怒りますよ、子供に悪影響って・・・

でもね、こう見たくない現実を目の前につきだされるみたいなそんな感覚

いやあ 松さん ええ女優さんです

とうとうと語る部分がほとんどなんやけど、そのなかでも感情のブレみたいなのを随所に見せてくれます。

逆説的に「命の重さ」を感じさせてくれる

いい映画でした。

あと、何本か実は気になる映画があってそのほとんどが邦画

「悪人」 「インシテミル」「キャタピラー」、これは洋画だけどツイッターでやたらと評判がよかったので気になってるのが「キックアス」

また性懲りもなく借りてこよう。

本日の台詞
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
募集しています
2008年3月から
あげはスタッフとして活動してみたい
熱いSTAFFを募集しています。
裏方、俳優、身体表現者、そのほか、ウエディング現場クルーも同時募集中
お問い合わせ、詳細質問、ご応募はinfo@a-synergy.jpまでメールください。
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。